東京で2,3カ月滞在するならマンスリーマンション

仕事の都合で2、3カ月程度東京で借りられる物件をお探しの方には、どのような物件が適しているのでしょうか?1年や2年などある程度長期で滞在する予定であれば、アパートやマンションなどの賃貸物件を契約することになるでしょう。反対に1週間や2週間の滞在になる場合は、住宅を借りるというよりはビジネスホテルに宿泊しますね。2カ月や3カ月といった期間の場合は、マンスリーマンションがおすすめです。マンスリーマンションの場合は30日から利用ができますし、都合が変更になれば長期の滞在にも対応できます。マンスリーを借りることのメリットといえば家具や家電があらかじめ揃っているという点でしょう。数カ月の滞在とはいえ、テレビや冷蔵庫、洗濯機、電子レンジといった必要最低限の家電製品がないと非常に不便です。その点マンスリーマンションなら購入する必要も処分する必要もありません。

東京でマンスリーマンションを借りる際の費用とは?

東京都内でマンスリーマンションを借りる場合は、どのような費用がかかるのでしょうか?一般的な賃貸マンションの場合は、敷金、礼金、仲介料、家賃保証料、火災保険料などが必要になります。敷金と礼金だけで家賃の2ヶ月分や4ヶ月分という金額になってしまいます。さらに不動産業者に支払う仲介手数料が家賃の1ヶ月分となり、初期費用だけでかなりの出費になるでしょう。その点マンスリーマンションの場合は、部屋の利用料以外に清掃代、維持費、手数料などがかかります。手数料といっても賃貸マンションの手数料のように家賃の1ヶ月分もかからない物件が多くなるので安心です。部屋の利用料や掃除代など基本的なものは全て込みの料金を提示しているでしょう。マンスリーマンションの中で利用したいものがあれば、オプション料金を払って依頼することができます。

東京のマンスリーマンションについて。

東京といえば、企業がたくさんあり、東京の会社に勤務されている方もいれば、転勤や出張で東京にきている方もたくさんいらっしゃいます。転勤や出張で、ある一定期間だけ勤務する場合は、まず住まいを探さなければいけません。会社に寮などがある場合は悩む必要がないのですが、そういった待遇がない場合は、自力で住まいを探さなければなりません。そんな時に役立つ住まいが、マンスリーマンションです。マンスリーのマンションは、一度契約すると、二年ごとの更新になる普通の賃貸マンションとは違い、一定の期間だけの住まいにするには最適です。1ヶ月だけ住みたい場合などに、1ヶ月単位で契約することができます。また、マンスリーマンションの場合、場所や物件によりますが、既に家具やカーテンなどが設置されているところもよく見受けられるので、初期費用を押さえられる場合もあり、人気があります。